【英単語帳】1冊で十分vs複数必要

英語

今回は「英語の単語帳は何冊やればいいか」について解説します。

 

「単語帳をとりあえず1周したけど、まだ足りない気がする」

 

「単語帳は1冊でいいって聞いたけど本当かな」

 

今、この記事を見ているあなたはそのような不安をもっていることでしょう。

 

実際、英単語を知らなければ話にならないですからどこまで英単語を覚える必要があるのかは多くの高校生が悩んでいます。

 

今回の記事では単語帳は1冊だけ使う場合と単語帳を複数使う場合の両方を考察します。

 

そのため、この記事を読めば単語帳を新たに買うべきかという悩みは解消出来るはずです。

 

今回の記事を読んで欲しい人

 

単語帳を1周しそうな人

 

単語帳を既に1周したけど不安な人

 

新しい単語帳を買おうと考えている人

 

どれか1つでも当てはまった人はぜひ参考にしてください!

 

単語帳は何冊必要か

多くの高校生が悩んでいる内容で論争もしばしば起こっています。ここでは、1冊だけ使う場合と複数冊用意する場合を考察します。

1冊で十分な場合

結論から言うと、多くの人は単語帳1冊で十分です。

 

さすがに中学レベルの単語帳しか使っていないのであれば大学受験用の単語帳を買うべきですが、基本的には大学受験用の単語帳1冊でも問題ないです。

 

特に

 

暗記が苦手

 

受験科目が多い

 

部活などが忙しく時間に余裕がない

 

文法や長文が苦手

 

といった人は単語帳1冊を周回することをおすすめします。

 

暗記が苦手な人はそもそも1冊目の単語帳がまだ身についていないかもしれませんし、身についたとしても新しい単語帳を覚え直すのに労力がかかってしまうため、1冊で十分です。

単語がまだ固まっていない人は以下の記事も参考にしてください!

国公立大学を視野に入れているため、受験科目が多い人は英単語に時間を割きすぎてしまうと他の科目が疎かになってしまうリスクがあるため何冊も単語帳を買う必要はありません。

 

部活などが忙しい人の場合も1冊で十分です。なぜなら、忙しい部活と両立する中で勉強時間が限られているため、最低限必要な1冊分の英単語を覚えたら英語長文なり他の科目なりに時間を割いた方が効率的だからです。

文法や長文が苦手な人も単語帳1冊で十分です。これに当てはまる人はおそらく英語の成績に悩みがあると思われますが、その原因は本当に単語の知識が不足していることなのか注意しましょう。

文法が定着していないのであれば、文法を固めることを優先しましょう。長文が苦手であれば、そもそも長文に読み慣れていないことが原因かもしれません。ゆっくりでいいので長文に慣れることを優先しましょう。

 

共通して言えることは単語をさらに覚えることが優先すべきことなのかどうかに注意すべきであるということです。

 

また、多少知らない単語が出てきても文章全体を理解出来るのであれば問題ないという考えを持つことも重要です。

特に早慶は単語が難しいと言われていますが、難しい単語を読みとばしても意外と文章全体を理解する上では大丈夫だったりします。実際、私はそんなに難しい単語を知らなくても早慶に合格できています。

逆にその単語を知らないことで文章全体の理解に支障をきたしてしまうのであればしっかりと調べて覚えましょう!今後似たような内容の文章が出た時には読みやすくなりますよ!! 

私の場合は単語帳に加えて、学校の授業や長文の問題集でわからなかった単語(全部ではなく、わからなければ内容理解出来ないレベルの単語だけ)を覚えていました。実際に登場した単語を覚える方が効率的だと考えたからです。

複数冊要るのはどんな場合か

ここまでの内容とは逆に、単語帳を複数冊持つことが選択肢として有効な人もいます。

 

今使っている単語帳が合わない

 

他にやることがない

 

暗記が得意

 

英語でぶっちぎりたい

 

などの特徴に当てはまる人です。

 

まず、今使っている単語帳が合わない人は単語帳を変えてもいいと思います。学校で配られた単語帳が合わなかったというパターンが多いかと思います。受験まで使うことになるので、せっかくなら自分に合う単語帳を使いましょう。

学校の小テストや定期試験は指定の単語帳から出題される、という場合はテスト直前だけ指定の単語帳を見返してもいいと思います。

 

英語や他の科目などもおよそ固まっているため、やることがなくなった人も単語帳を新たに買ってもいいと思います。単語を多く知っているに越したことはないので是非鍛えてください。暗記が得意であればなお良いと思います。

 

英語で圧倒したい人も単語力をさらに鍛えてもいいと思います。他の科目がどう頑張っても上がらないので英語に一点集中する立派な戦略です。ただ、「そこそこ得意」程度では英語「も」ある程度出来る人たちに勝てないので、冗談抜きでどんな試験でも満点近く取れることが必要になります。

まとめ

このように、単語帳を新たに買うべきかどうか様々な観点から考察してみました。

 

ここまで読んで「単語力は付けるのは無駄だ」と誤解してしまった人がいるかもしれませんが英語を学習する上では単語を多く知っている方が良いです。これは紛れもない事実です。

 

しかし、受験までにかけられる時間に制限があるので、単語帳を新たに買うかどうかは優先順位と効率性を考慮に入れることを推奨します。

単語の優先度が高ければ単語をさらに究めると良いですし、優先度が低いと感じたのであれば必ずしも単語帳を新たに買う必要はないです。

 

アウトプットしてみよう!

 

今回の記事で学んだことを復習してみましょう。何をすればいいか自分の言葉で伝えられるようになると学習の効果が高まります。

今回の課題は以下の質問に答えることです。

・単語帳が1冊で十分な場合と複数冊使うのが良い場合についてどんな例がありますか?

ここまで読んでいただきありがとうございました。

私の公式LINEとメルマガにて河合模試で偏差値50程度から65にアップさせる企画をやっています。興味があれば以下の画像をクリックしてください!

 

タイトルとURLをコピーしました