日本史や世界史はいつから初めればいい?【模試の範囲も解説】

社会

今回の記事では「社会を始めるべきタイミング」について解説します。

 

多くの文系の高校生は社会の科目選択で日本史か世界史を選びます。

 

日本史や世界史は知識量を増やすことで誰でもある程度点数が取れるようになれるオトクな科目です。

 

しかし、日本史と世界史は覚える量が多いため、始める時期が遅いと間に合わなくなってしまいます。

 

覚えれば誰でも安定して点数を取れるのに、覚えるのが間に合わないとなるとすごくもったいないですよね。

 

この記事では慶應義塾大学在学中の私が「いつから社会(日本史・世界史)を始めるか」に加えて「いつまでにどの程度できるようになっておくか」も解説します。

 

この記事を読み終わるころには社会の勉強をどのようなペースで進めればよいか分かり、高3で有利な状態からスタートする準備ができます!

この記事を読んでほしい人

・社会をまだ授業でやっていない公立高校の高1,2生

・授業で社会をやっているが全然勉強していない私立高校の高2生

・科目選択をまだしていない高1,2生

この2つのどちらかに当てはまった人はぜひこの記事を参考にしてください!

日本史と世界史、どちらがいいのか

どちらでも構いません。入試では、日本史が簡単で世界史が難しかったとかその逆は往々にしてあり、それが結果を左右することも珍しくないですが、こればかりは運なので科目選択の時点でそれを気にしてもあまり意味はないです。

「漢字が苦手なら世界史、カタカナが苦手なら日本史」という選び方でもいいと思います。

ただし、中国史で漢字は出るし、明治時代以降はカタカナが増えてくるのでそこは注意しましょう。

 

あと、文系の方であれば「日本史B」「世界史B」になると思います。「日本史A」や「世界史A」をうっかり選ばないようにしてください!

 

地理や現代社会(政治・経済)を選ぶことで日本史や世界史を回避するという手も無くは無いですが、日本史か世界史の少なくとも一つは勉強しておいた方が良いです。

なぜなら、日本史か世界史であれば受けられる大学の幅は広いですが、地理や政治・経済だけで受けられる大学は限られてしまうからです。

ただし、地理や政治・経済は日本史や世界史に比べて覚える量が少ないので、地理や政治・経済で受けられる大学に絞るなら選択肢としてはアリだと思います。

その分、志望校の受験科目はきちんと調べてください。イメージで決めるのは厳禁です!(例えば、早稲田大学の政治経済学部は政治・経済で受験できません。)

高2から始めるべき、ただし英語優先

結論から言うと高2から準備した方が良いです。

高3から社会を始めると他科目との兼ね合いもありかなり厳しいことになります。

特に、公立高校の多くは高3から社会の授業を始めますが、授業で試験範囲が終わりきらないまま受験に突入することも往々にしてあるので、高2から始めることを強く推奨します。

終わりきらなかった範囲から出題されたら最悪ですよね。

 

 

ただし、高2は他科目(特に英語)を優先してください。社会は他の科目に比べて覚えれば何とかなる部分も多いので、最悪出遅れた分を取り戻すことは可能です。

しかし、英語は単語や文法などの基本知識だけでなく、長文や英作文、和訳といった実際に解いて練習する必要のある分野(上達するのにそれなりの時間がかかる分野)もあります。

つまり、英語は出遅れた分を取り返すのが社会に比べて難しいといえます。しかも、英語は配点が高いので出遅れたままだと致命傷になります。

 

とはいえ、社会も出遅れれば出遅れるほど取り返すのが難しくなっていくので高2のうちから少しずつでいいので進めていきましょう!

いつまでに何ができれば良いのか

さて、ここまで読んだところで

「高2から社会も進めておかないとヤバい」

ということがわかったと思います。ではどのぐらいのペースで進めていくと良いのでしょうか?

 

一つのポイントとしては模試の範囲には間に合わせることです。

高2の間に社会を実施する模試は11月と1月の進研模試、1月の第4回全統高2模試です。以下ではそれぞれの模試の範囲を紹介します。

注意:過去の情報を引用しているので最新の情報と多少ずれている可能性があります。

進研模試の範囲

高2・11月

【日本史】
日本史の黎明(旧石器時代~弥生時代まで)
古代国家の形成と東アジア(古墳~奈良時代)
古代国家の推移と社会の変化(~平安時代まで)
武家政権の成立Ⅰ(~院政期まで)

【世界史】
オリエント文明・地中海文明・インド文明(ヴァルダナ朝まで)・中国文明(漢まで)・南北アメリカ文明・東アジア世界の発展(唐まで)

高2・1月

【日本史】
①日本文化の黎明~武家政権の成立(鎌倉時代・鎌倉文化含む)まで
②明治維新と立憲体制の成立(ペリー来航)~第二次世界大戦と日本(大戦終結)まで

これらのどちらか1つを選択

【世界史】
①諸地域世界の形成(南北アメリカ文明含む)~
ヨーロッパ:ローマまで
中国:五代十国まで
インド:ヴァルダナ朝まで
イスラーム:イスラーム文明の発展(デリー= スルタン朝、マリ・ソンガイ王国)まで

②ヨーロッパの拡大と大西洋世界(ルネサンス以降)~ 第一次世界大戦(ロシア革命含む)まで

これらのどちらか1つを選択

https://life-hack-lab.com/zyuken/shinken-hani/ より引用

 

第4回全統高2模試の範囲

【世界史】

ヨーロッパ▶12世紀末まで

西アジア▶13世紀半ば(アッバース朝滅亡)まで

インド・東南アジア▶12世紀末まで

東アジア▶中国は元朝末まで、朝鮮は高麗まで

【日本史】

原始・古代~鎌倉幕府滅亡まで

https://www.kawai-juku.ac.jp/trial-exam/zento/pdf/1912-mark-kijutsu.pdfより引用

これで、高2の11月、1月までにどこまで進めたら良いかわかったかと思います!

進研模試や河合模試の社会は基本的な用語が多く問われるので、教科書に載っているレベルの用語をきちんと覚えていけば(そして、模試までに社会の勉強が間に合えば)高得点を取ることも十分可能です。

 

「高2の1月までに間に合わないよ!」という人向けに高3の河合模試の範囲も載せておきます。

(例によって過去の情報なので最新の情報とずれる可能性があります。その点はご容赦ください。)

第1回全統模試(高3の4月か5月)

世界史B(60分・100点)

ヨーロッパ▶︎15世紀まで(ルネサンス・大航海時代は除く)

中国▶︎元朝末まで

西アジア・東南アジア・インドなど▶︎14世紀末まで

日本史B(60分・100点)

室町時代まで(中世~古代・原始)

 

第2回全統模試(高3の8月)

世界史B(60分・100点)

ヨーロッパ・アメリカ▶︎19世紀まで(帝国主義の前まで)

中国・西アジア・インド・東南アジア▶︎18世紀末まで

日本史B(60分・100点)

原始・古代~近世(天保の改革まで)

https://life-hack-lab.com/zyuken/kawai-hani/ より引用

 

第3回全統模試(高3の10月)

日本史、世界史ともに全範囲

https://www.kawai-juku.ac.jp/trial-exam/zento/pdf/20-kijutsu03.pdf より引用

高3の10月には全範囲となるので、それまでに全範囲進めておく必要があります。

高2生でまだ社会の勉強を進めていない人は各模試に向けて勉強を進めてください!

社会は勉強すれば割と良い偏差値が出るはずなので1つのモチベーションになるはずです!

 

参考までに2020年第1回全統記述模試の結果を貼っておきます。70点で偏差値62~63、80点で偏差値67、90点で偏差値72が出ています。高得点目指して頑張りましょう!

https://www.kawai-juku.ac.jp/trial-exam/zento/pdf/20-statistics-02-05.pdf より引用)

 

まとめ

今回のポイントは

・社会は高2から始める

・各模試の範囲に間に合うペースで勉強する

・ただし、他科目(特に英語)をおろそかにしてはいけない

という3点です。

最後に、今回の記事の内容のアウトプットをしてみましょう!今回の課題は以下の質問に答えることです。

Step1

高2から社会を始めるべきなのはなぜですか?

Step2

意気込みを自由にどうぞ!(模試で何点とるでもいいですし、いつまでにどこまで進めるか宣言しても良いです)

ここまで読んでいただきありがとうございました。

私の公式LINEでは河合模試や進研模試の偏差値を上げるために有益な情報を発信しています!まだ登録していない人はぜひ登録お願いします!(初心者~中級者向けなので気軽でOK!笑)

LINE登録はこちら

詳細を見て「登録する価値があるな」と思っていただいたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました