英単語を覚えるにはどうしたらいい?【高効率】

英語

 

今回の記事では「英単語の覚え方」について解説していきます。

英語を学習する上で英単語は一番固めていないといけない部分であり、これができていないと模試や実際の入試で大きな配点を占める長文を読めなくなってしまいます。

とはいえ、固めなければいけないとわかっているのになかなか覚えられないという悩みは多くの高校生がもっている悩みです。

そこで、短期間で効率的に覚えられる方法を紹介していきます。

単語を固めるとできることが大幅に増える(成長の実感がしやすい)ので、英単語で悩んでいるのであれば是非今回の記事を参考にしてみてください。

 

この記事を読んで欲しい人

 

・単語帳を始めてみたけど覚えられない人

・定期テストに向けて単語を覚えたい人

・定期テスト前に単語を詰め込んだけどすぐに忘れた人

・全統模試・進研模試の英語の偏差値が50以下の人

これらのどれか一つでも当てはまる方はこの記事を参考にしてみてください!!

 

そもそもどれぐらい覚えればいいか?

 

「英単語は覚えれば覚えるほど読める文章が増えるので何個覚えればいい、というものではありません。たくさん覚えましょう。」

というアドバイスは確かに事実です。

が、この記事を読んでいるあなたはそんなことを知りたいわけではありませんよね?では、大学受験で最低限覚えておくべき英単語のおおよその数をお伝えします。2000語程度です。

 

2000語というと一般的な大学受験向けの単語帳(ターゲット1900、システム英単語、速読英単語必修編など)1冊分です。

 

単語帳は何がいいか?と思った方もいるかもしれませんが、大学受験向けの単語帳で2000語程度入っていれば何でもいいです。自分に合ったものを選びましょう。

 

「2000さえあれば万全!大学受験余裕!!」というわけでは決してありませんが2000語覚えるだけでも英文を読む時のストレスが大分マシになります。

 

なので、英単語が固まっていないのであればとりあえず2000を目標にしましょう。

 

どうやって覚えるか

結論から言うと、視覚、聴覚、触覚を使って覚えることです。

具体的には以下の方法があります。

・CDを聞く(聴覚)

・音読する(聴覚)

・単語帳を黙読する(視覚)

・単語帳アプリを駆使する(視覚・触覚・聴覚)

これらの方法のメリットとデメリットをそれぞれ解説していきます。うまく組みあわせることで相乗効果が得られるので見ていきましょう。

CDを聞く

 

 

超重要です。これをやるかやらないかで単語の定着力が全然違います。

メリットとしては

・英単語の発音を確認できる

・英単語のアクセントを確認できる

ことが挙げられます。

発音・アクセント問題に対応できるだけでなく、リスニング問題の攻略にも一役買っています。

せっかく意味を覚えても、間違ったアクセントや発音で覚えているとリスニング問題で聞き取れないという問題が起こります。

そのためにいちいち覚え直すのは効率悪いですよね。しかも、ほとんどの受験生が受ける共通テストでは配点の半分をリスニングが占めているので、発音やアクセントを正しく覚える重要性はかなり高いです。

 

また、音声を聞いて学習すると記憶力が高まるという効果は脳科学でも支持されています。科学に裏打ちされた効率的な方法を使わない手はないですよね?

 

デメリットとしては

・CDを聞くだけではスペルを確認できない

という点です。ただ、単語帳を見れば解決できるので大した問題ではないです。

音読する

 

英単語に限った話ではありませんが、英語は音読が重要です。

メリットは

・自分の声で認識できるようになる

・発音の練習ができる

という点です。

口を動かして自分の声で認識できると記憶として定着しやすいです。

例えば、小学校の音楽で歌った曲は何年も経っているのになぜか覚えていますよね。それは聞くだけでなく実際に声に出しているからなのです。

ということで英単語も声に出して脳髄に染み込ませましょう。

 

デメリットとしては

・場所を選ぶ

という点です。いくら音読が有効とはいえ、静かにすることが求められる図書館や公共交通機関では音読は控えておきましょう。

 

音読が場所の都合上できない場合は口パクでもいいです。特にマスクをしていれば口パクをしても他の人にバレたり怪しまれたりすることはないでしょう。コロナウイルス対策も合わせて一石二鳥です。

 

単語帳を黙読する

ここでようやく普通のやり方が登場です。

この方法のメリットとしては

・スペルを確認できる

・派生語や例文を確認できる

・勉強してる感が出る

という点です。

 

基本的には「CDや音読のデメリットを補完するもの」というイメージです。

中でも派生語や例文の確認は忘れずにやっておきましょう。品詞がどのように変わるのかは注意です。(例えば、名詞形は~mentなのか~tionなのか、など)

例文を見ると用法を意識することができます。単語だけで覚えようとするより定着しやすいはずです。

英作文を作るのにも役立ちますし、単語だけで覚えるとまるで呪文のようになってしまうので暗記が苦手な人ほど見ることをおすすめします。

 

 

英単語アプリを使う

 

 

せっかくスマホが当たり前の時代ですから活かしきりましょう。我々はスマホすらも武器にできるのです。

スマホアプリのメリットは

・手軽にできる

という点に集約されます。スマホをついつい触ってしまう人には特に有効です。

いろいろな英単語アプリがありますが、個人的には「ターゲットの友」が使いやすいです。

理由としては

・無料

・クイズ形式

・スペル問題もある

・音声機能が搭載されている

などが挙げられます。

ただ、熟語を抑えにくいという弱点もあります。単語帳を見るなどして弱点をカバーしましょう。

参考:私が実践していた方法

ここまで紹介した方法を組み合わせると凄まじいシナジーが得られます。

例えば、私は以下の方法を使っていました。

1.単語帳のCDをスマホに入れる。

2.「日本語→英語」の順に流れるCDを使用する。

3.日本語の音声が流れたら英語が流れる前に英単語を発音する。ただし、この時は単語帳を見ない。

4.電車などに乗っている時に単語帳を開く。単語帳を見ていると眠くなる時はスマホアプリをやる。

 

この方法のメリットは

・日本語の意味から英単語が瞬間的に出てくるようになる

・単語帳を見ないので歩きながらでもできる

という点が挙げられます。

 

CDによっては英語→日本語の順に流れますが、同じようにやってもらってOKです。ただ、日本語→英語の順に覚えられると英作文の時に便利というメリットがあります。

単語帳を見ないでできるのは極めて強力です。というのも、移動時間にもできるので手軽に単語を覚えられるからです。

机に向かってさあ単語を覚えるぞ!と意気込むより気楽にできますよね。気分転換に外を歩きたい時にもできるのでリフレッシュしながらインプットという芸当も可能です。

ただ、最初から全く単語帳を見ないで音声だけで覚えるのは大変なので、最初のうちは単語帳を見ながらCDを聞いて、発音していくと良いです。

 

まとめ

単語は視覚・聴覚・触覚を使って覚えましょう。これらをうまく組み合わせることで相乗効果を得ることができます。

2000語と聞くと多そうに思えるかもしれませんが効率よく覚えれば決して難しいものでありません。まずは2000覚えてみましょう。

2000覚えた後はどのように単語を習得するかは別記事で解説するので楽しみにしていてくださいね!!

アウトプットしてみよう!

今回の記事で学んだことを復習してみましょう。

何をすればいいか自分の言葉で伝えられるようになると学習の効果が高まります。

今回の課題は以下の2つの問いに答えることです。チャレンジしてみましょう!

Step1

大学受験において、英単語は最低何個程度覚えるべきでしょうか?

 

Step2

この記事ではさまざまな覚え方を紹介してきました。それぞれのメリットとデメリットは何でしょうか?

ここまで読んでいただきありがとうございました。

私の公式LINEでは河合模試や進研模試の偏差値を上げるために有益な情報を発信しています!まだ登録していない人はぜひ登録お願いします!(初心者~中級者向けなので気軽でOK!笑 また、今回の記事でわからないことがあればLINEで質問受け付けています!お気軽に。)

LINE登録はこちら

詳細が気になる人は内容を確認後(以下の画像をタップ)、「登録する価値がある」と思っていただいたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました